シンシロな夢と行政書士試験

資格試験にチャレンジしたり、生活の知恵を語ったり。

*

勉強の合間に休憩目的で違う勉強すると驚くほど効率が上がった話

      2015/06/21

突然ですが工事担任者試験を受験してみました。なんだその資格はと思われた方も多いと思います。法律系資格を勉強されている方にはほとんどが無縁の資格なので。。。しかし、今回伝えたい内容は、工事担任者資格の事ではありません。

illust1184

長い期間同じ資格をめざして勉強していると、どうしても中だるみというか、精神的にも辛い時があると思います。最近、工事担任者資格という行政書士とは全く異なる分野の資格取得のために約1ヶ月の間、平行で勉強してみました。

結果、予想以上に平行勉強の価値やメリットを感じる事ができたのでご紹介したいと思います。

 

勉強の合間に休憩として違う勉強をする感覚

ずっーと同じ試験勉強ばかりをしていると、ほんと頭に疲労がたまると思います。現状は一時間も勉強すると休憩がほしくなり、それぞれの休みを過ごしていると思います。しかし、今回行政書士の勉強が終わってから全く違う分野の勉強をすることが思ったほど苦に感じなかったのです。とても気分転換な感じで取り組めました。

これまでは、一つの勉強で精一杯だったのが、限りある時間の中で結果として2つを交互にできるのです。なんだか得した気分ですよね?実際、とても得していると思います。

09nekoki

一極集中のリスクを回避

一つの事だけをやっている場合、様々な理由でそれが叶わなかった時、それまで長い期間をかけていた過程が全否定される不安を感じる事がたまにありました。

でも、無理のない範囲で脇道をして成果を上げていく事で、一つの目標が実現できなかったときのリスクヘッジができます。

 

合格・上達という事実がさらなる向上心を生み出す

一つの試験を目指していると、その一つの試験に合格するまでは達成感がないものです。年に一回しか試験がなかったりすると、合格できなかった場合に更に一年やるかどうかを迫られます。

しかし、簡単な資格だったとしても、合格という事実がとても心地よいのです。資格ではなくても、何かが上達する過程を得ることが、あなたのやる気をアップさせます。

 

法律系資格の休憩目的になりえる資格

人にもよると思いますが、例えば行政書士を勉強しながら宅建や社労士の勉強は休憩目的にはなり得ないと感じます。ともに活字を中心とした資格だからです。では、休憩目的に勉強できる試験(さらに取得する価値のある資格)をご紹介したいと思います。

 

ITパスポート試験

就職時に評価が高くなるIT系資格の登竜門的な国家資格です。パソコンやネットの簡単な仕組みを学びます。週間アスキーなどを読んでいる方だと、あまり苦無く勉強できるとおもいます。テキストも図などが中心になりますので、法律系とは異なる雰囲気が更にやる気を向上させますね。

ITパスポート講座

 

カラーコーディネーター

最近はどの会社もホームページを持っていますが配色のセンスはとても大事ですよね。実店舗でも賑やかになりすぎないように配色に気を配りながら装飾品を置く事が大切です。そんなときに役立つのがカラーコーディネーターですね。テキストには綺麗な配色が並びますので、見ているだけで癒されます。

カラーコーディネータ

 

ボールペン字

結婚式での受付時ほどボールペン時が上手くなりたかったと思うときはないですよね!文字の伝達はほとんどがスマホやパソコンに変わりましたが、忘れた頃に貴方の活字が評価される時がきます!
ボールペン講習は、お手本をなぞりながら自分の悪い書き癖を直していきます。ボールペンでスラスラ〜となぞるものなので、休憩に最適でした!しかも、字が見違えるほどにかわります!

実用ボールペン字講座


 - 行政書士関連・通信講座