シンシロな夢と行政書士試験

資格試験にチャレンジしたり、生活の知恵を語ったり。

*

問題03憲法(H24)

   

 

問題

 
問題3 内閣の「責任」について書かれた次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1 日本国憲法における内閣は、衆議院に対してのみ「責任」を負うのであり、参議院に対しては「責任」を負っていない。

2 日本国憲法は内閣の「連帯責任」を強調しており、特定の国務大臣に対して単独の「責任」を負わせることは認めていない。

3 明治憲法では、君主に対する内閣の「連帯責任」のみが規定されており、衆議院に対する「責任」は想定されていなかった。

4 内閣の「責任」のとり方は任意かつ多様であるべきなので、日本国憲法の下で総辞職が必要的に要求されることはない。

5 大臣に対する弾劾制度を認めない日本国憲法においては、内閣に対して問われる「責任」は、政治責任であって狭義の法的責任ではない。

 

 

 

解答

 

1 ×:内閣は、行政権の行使について、国会に対し連帯して責任を負う(憲法66条3項)。つまり、内閣は衆議院のみならず参議院に対しても責任を負います。

2 ×:国務大臣に対しての不信任決議が認められています。

3 ×:明治憲法では、君主に対する内閣の連帯責任は規定されていません。

4 ×:総辞職が要求されるパターンとして、次の二つの条文で認められています。①衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したとき(憲法69条)、②内閣総理大臣が欠けたとき、又は衆議院議員総選挙の後に初めて国会の召集があったとき、(憲法70条)

十日以内に衆議院が解散されない

5 ○:内閣に対する責任は憲法66条3項で、国会に対して連帯して責任を負うと記載されていますが、これは法的責任ではなく政治的責任であると解されています。

 
正解:5
 


 - 平成24年度