シンシロな夢と行政書士試験

資格試験にチャレンジしたり、生活の知恵を語ったり。

*

HERO第六話:遠藤事務官が逮捕される?!

   

HERO第六話のネタバレです。

今回は遠藤事務官の冤罪がテーマです。

遠藤が酔っ払って飲食店のトイレに行ったところ、男性が刺されて倒れていた。
倒れていた人に気付いて遠藤が近づいた時に、後ろから走ってきた真犯人から突き飛ばされてメガネが飛んでしまい、刺されていた女性の脇に倒れてしまう。
メガネが飛んだ遠藤は何も見えない状態になっているところに、運悪く人が着てしまい、慌てた遠藤は誤って落ちていた包丁を握ってしまったところを、人に見られてしまった。

翌日何も知らない久利生達が城西支部へ出勤すると、部長卓へ電話がかかってきた。
遠藤が逮捕されたという連絡だった。

検察事務官が人を刺したという話題は大きく報道に取り上げられて、
特捜部が遠藤の取調べを行うことになった。

遠藤が刺したことが信じられない久利生は、麻木とともに、被害者の病院を訪れるが、たくさんの警備員に拒まれてしまう。

被害者は政治家の秘書だった。

久利生以外ではなく、城西支部の他のメンバーも独自に調査し始めるのであった。

久利生が警察へ行くと、特捜部が遠藤の送検を急いだことがわかった。
さらに警察に聞くと、遠藤は赤い服の犯人を見たという。
しかし、特捜部の調査では真犯人を探そうという動きがまったくなかった。

いよいよ怪しいと考えた久利生達はさらに調査を進めようとする。

事件のあった日に真犯人が逃げた経路を考えると、裏の海から逃げたに違いないと考えた久利生達は逃走経路の調査を行う。

久利生が様々な調査をしていると、遠藤が刺したとされる当日夜の店の中の写真に赤い服を着た人がいることがわかった。

久利生は警察署へいき、赤い服を着た人を探してほしいとお願いすると、警察官はすぐに容疑者を探しだした。

遠藤の不起訴釈放が決まる。


 - HERO