行政書士試験の受験資格や試験科目、試験形式などについて行政書士資格試験ガイド.
行政書士合格に向けた情報サイト。通信講座・教育の徹底比較。おすすめの問題集・参考書情報など

行政書士試験案内

行政書士試験の出題科目や試験時期


行政書士試験ガイド



まずは、行政書士試験研究センターの試験案内より試験の内容について理解しましょう。

受験資格


年齢、学歴、国籍等に関係なくだれでも受験することができます。
このように受験資格に制限がないことも起因して、受験者数が大変多い試験となっています。
逆に受験資格に制限がないために、現時点での自分の学歴などに左右されることなく
他の受験者と同じ土俵に立つことができます。


試験日及び時間


例年11月の第2日曜日の午後1時から午後4時までに行われています。


受験料


7000円です。
結構高いのでマジで受験しましょう。


試験の科目


行政書士試験は法令46題と一般知識14題の計60問より構成されます。


構成 (問題数) 科目 備考
行政書士の業務に
必要な法令等

 (46題)
憲法 中学校で条文を覚えた方も多いのではないかなと思いますが、条文以外にも判例など広範囲に出題されます。
行政法 行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心
民法 契約行為など生活に身近な法律関係を規定する法律です。比較的なじみ易く理解しやすいと思います。
商法(会社法) 会社に関して規定されている法律です。会社の法務部や契約担当などを経験されていないと、多少とっつきにくい科目です。
基礎法学 基礎法学は他の法令科目と比較して対策が難しい部分ですが、基礎法学として書籍も多く出ていますので参考にしてください。
行政書士の業務に
関連する一般知識等

 (14題)
政治・経済・社会 時事問題として問われます。日ごろからニュースや新聞に関心を持って見ることが必要とされます。
情報通信・
個人情報保護
IT関連の用語から個人情報保護法の法制度まで広く問われます。
文章理解 国語の長文問題です。得意な方は対策不要ですが、苦手な方にとっては対策が難しい科目になると思います。


試験形式


ほとんどが5肢択一式ですが、複数の選択肢から回答を選ぶ多肢選択式や、45文字程度の文章で回答をしなければならないものがあります。

構成 (問題数) 形式 備考
法令等
 (46題)

5肢択一式
(40問)

5つの選択肢の中から、1つの正解を選択
多肢選択式
(3問)
20程度の選択肢から、任意の複数を選択

記述式
(3問)

45文字程度の文章で回答
一般知識等
 (14題)
5選択肢
(14問)
5つの選択肢の中から、1つの正解を選択


願書の配布と願書受付


例年8月上旬から9月上旬に行われます。
受付期間内に願書を出さないと受験することが出来なくなりますので
時期が近づいてきたら忘れないように注意してください。






行政書士試験情報

行政書士とは?
行政書士の仕事内容ら、行政書士業務の代表的な書類作成の一覧。

行政書士試験とは?
初心者のための行政書士試験ガイド。初めての方でも分かりやすく解説し、試験内容から合格率まで行政書士試験の情報レポート。

通信講座の徹底比較
各社が提供している通信講座の特色を徹底比較。 通信講座を効率的に利用することで、合格が近づきます。

模試の利用方法
独学者の方は必読!本試験に向けて模試を活用しよう。

行政書士の開業
行政書士として開業すれば人生バラ色?それとも食えない?
開業を目指す前に。

特上カバチ!!」解説
行政書士補助者の奮闘を描くドラマのストーリ解説

行政書士関連用語集
関連用語やキーワード

行政書士のコラム
行政書士や資格試験に関するアレコレ。ニュースなども掲載してます。



Copyright 2007 合格!行政書士 All Rights Reserved.  - since 2000 -