シンシロな夢と行政書士試験

資格試験にチャレンジしたり、生活の知恵を語ったり。

*

問題集を用いたもっとも効率的で最速な勉強法

   

あなたは問題集派?参考書派?

新しい資格や試験にチャレンジしようとする時にあなたが行うことは次のどちらでしょうか。

・参考書(テキスト)を購入する
・問題集を購入する

参考書を購入すると選んだ方は、おそらく体系的に新しいことを学ぶことを目的としているのではないでしょうか。参考書は事象の成り立ちが詳細に説明されていますので、最初から読む込むことで、しっかりとした知識を取得するとこができます。

たとえば、全く新しい資格にチャレンジするときに、参考書を数十ページ読み進めたときに、それに該当する問題をといてみてください。

もしあなたが、問題の内、大部分を正解できたのならそのまま参考書で勉強を進めて良いと思います。しかし、半分以上の誤りがあったかたは勉強の仕方を改めた方がよいかもしれません。なぜなら、単に参考書を読んだだけで頭の中には何も入っていない可能性があるからです。

参考書を読むこと=勉強と勘違いすると、記憶には何も残らずに単に時間だけを浪費することになりかねません。僕の場合はそうでした。

新しく資格取得をする際に参考書を買ってからどんどん読み進めていったのですが、いざ試験問題を解こうとすると見事になにも分からないのです。それまでの勉強を全否定された感じがしてひどく落ち込んだ記憶があります。

当時、ぼくが問題集中心の勉強法に対して思っていた偏見は、問題集をやっても同じ問題がでることはすくないからやる意味がないということでした。しかし、これは間違った考えだということが後にわかるのです。

問題集中心の勉強のススメ

新しい資格試験の取得を目指そうと思ったときに、参考書を買うのをやめていきなり問題集を買いましょう。

1問目から順に解いていくと当然ですが、全くわからないと思います。でも解説を見ながら理解して次の問題へ進みます。同様にして10問くらい解いたあとに最初の問題からやり直してみてください。恐らく結構の問いがあたるはずです。これを繰り返して最後まですすめます。

問題集中心の勉強の良いことは、頭の中で問題を解くという行為を繰り返すことで、単に参考書を流し読みするより何倍もの記憶行為が発生することです。

都度、問題を解き、新しいことを覚えるという習慣が付くのです。

同じ問題は試験ではでない?

問題集中心の勉強に否定的な考えをもっている方の代表が、恐らく次の課題ではないでしょうか。
問題集と同じ問題は出ることがあります!
資格にもよりますが、まず同じ問題は繰り返して出題されるという事実があります。

過去に勉強した問題と同じ(またはほとんど同じ)問題が出た時の喜びはとても大きいですね。

問題集をやることで試験の出題傾向がわかる!

資格試験を効率的に突破する際に大事なのは、チャレンジしようとしている相手・資格の出題傾向を十分に理解することにつきます。
これなくして勉強をすすめても、初めての試験の際に驚くだけです。

試験の出題傾向をしっかり把握し体験しながら、必要な勉強を進めることが大切です。


 - 勉強法