シンシロな夢と行政書士試験

資格試験にチャレンジしたり、生活の知恵を語ったり。

*

日銀によるマイナス金利が住宅ローンへ及ぼす影響は?!

   

1月29日の金融政策決定会合において、マイナス金利を実施すると日銀の黒田総裁が発表しました。

クリップボード01

 

マイナス金利発動によって日経平均が乱高下

CZ38TqoWQAANsD5

上記は1月29日の日経平均株価の値動きですが、発表直に大きく値を上げて、上げすきと思われたのか直後に大きく下がり、さらに値を上げて終了しています。

マイナス金利とは

そもそも、マイナス金利とはなんでしょうか。

マイナス金利とは、私たち個人に直接かかってくる金利ではありません。銀行などの金融機関は日銀に一定の資金を預ける必要があるのですが、その際にかかる金利に対してマイナス金利となるものです。

通常のプラス金利では、お金を借りる際には利息を支払い、お金を預けると利息がもらえます。これが、マイナス金利では逆になるのです。つまり、お金を借りると利息がもらえ、お金を預けると利息を支払うことになります。

つまり、金融機関からお金をかりると金利分が多くもらえるというものです。

マイナス金利による市場の変化

金融機関が日銀からお金をかりる際に金利分が多くもらえるのであれば、とうぜん金融機関はたくさんのお金を日銀からかりますので、その流れで一般市場へお金がたくさん流通するようになります。

マイナス金利はめずらしいもの?

世界でみるとマイナス金利は珍しいことではなく欧州などですでに定着していたりします。日本でも2003年にはじめてマイナス金利が発声しました。

住宅ローン金利への影響

これまでをふまえてマイナス金利が私たちの住宅ローンへ及ぼす影響を考えてみたいと思います。

ダウンロード

経済は様々な要素が複雑に絡み合って個々の値に反映されますので非常に難しいものですが、仮に、マイナス金利以外の要素に変動はないものと過程します(戦争が起きたり自然災害でも経済は大きく動きますので)。

市場におかねがたくさん流通するようになると、銀行側も積極的に住宅ローンをふくめた融資活動を行うようになりますので、この流れであれば住宅ローン用にお金を使用しやすくなりますので、住宅ローンは下がる傾向に動くと考えています。

 

黒田総裁は、1月29日の会合の中で必要であれば追加施策も実施すると発言をされていますので、年明けから大きく値を下げた株価もしばらくは救われるのではないでしょうか。

 


 - 経済