シンシロな夢と行政書士試験

資格試験にチャレンジしたり、生活の知恵を語ったり。

*

電力自由化で家庭の電気料金が安くなる!

   

これまでは電気を使用する住所によって、東京電力など固定されていた電気契約ですが、2016年4月より自由化が行われます。

これからは、様々な提供会社の中から自分にあった電力会社を選び契約ができるようになり、結果として今より安く電気が使えるようになります。

電力自由化のメリットやデメリット、なぜ電力の自由化ができるのかなどに仕組みついて分かりやすくまとめます。

電力自由化の仕組み

これまでの電力は、発電所と、発電所の電気を各家庭に届ける送電線、そして私たちが電気の契約を行う会社は原則一つでした。

これが、それぞれが分離されて新たな会社が自由に参入できるようになるのです。

たとえば、東京電力が所有する送電線を用いて、A社という風力発電会社が供給する電力をB社と契約できるようになるのです。

最近のスマホ市場のように、イオンやヤマダ電気のスマホも登場しているのと同じような構図ですね。

電力自由化のメリット

電気料金が安くなる

電力自由化によって、多くのサービス形態が出てくるために、市場競争が働き、電気料金が安くなることが、私たちにとって最も大きなメリットです。

電力供給元を選べる

電力自由化では新たな発電所の新設も許容しています。そのため、水力、風力などのエコな供給社に絞って契約する事もできます。

電力自由化のデメリット

様々な商品が乱立し分かり難くなる

たとえば引越しのときなど、これまでは引越しの先の住所が決まれば必然的に契約相手も決まっていますので、何も考えずにすぐに契約を行っていました。

これからは、新しい住所地でたくさんの契約先から選ばなければなりません。

各住所地には既存の電力会社も存在し契約が出来ますのでこれまで通りに地域電力会社と契約でもかまいませんが、最も安いところがあるとなれば、長期間にわたって契約するものですし、少しでも安いところで契約したいですよね。


 - お得